僕はあと数日でnaturaを出て行きます。僕がこの日記をつけるのは、これが最後かと思います。というわけで、読んだ本のことを書きます。前回は『手塚治虫のブッダ 救われる言葉』で終わっていたので、その続きからです。ちなみに『手塚治虫のブッダ』を読んだのは、7/18でした。そこまで戻るとします。
 次に読んだのは、マーク・トウェインの『トム・ソーヤの探偵・探検』でした。短編が二作載っております。でもあんまり記憶に残っておりません。
 その次は、マーク・トウェインの『トム・ソーヤの冒険』をアニメ化した奴のノベライズ版です(よくわからない日本語ですが、仕方ない、事実ですから)。
 さらに続いて、『赤毛のアン』を読みます。こちらは原作版で、角川文庫でした。じつは今年に入って『アン』は三冊目になります。うち二つが原作の翻訳版、一つはアニメのノベライズ版です。わかるかな?
 次、『シャーロック・ホームズの履歴書』。あんまり記憶に残ってないようです。
 そのあと、『かっこう時計』になります。名作児童文学で、時計についたかっこうが子供と喋ったりを繰り広げます。
 次、『池田秀一の三倍速く!! シャアが行く!』です。池田秀一が各回の色んな人をインタビューする本です。
 そのあと『トム・ソーヤの冒険』ですが、これはマーク・トウェインの小説版です。これまで読んでたのとは別の訳で読みました。
 さて、サン・テグジュペリの『星の王子さま』の別訳本を読みました。これも翻訳は既に読んでいるので、二度目です。
 その次が、『歴史の交差点にて』。誰が作者かすでにわからなくなってます。
 次に読んだのが、ジュール・ベルヌの『インド王妃の遺産』ですが、実は集英社文庫の同じ訳の奴は、十年くらい前に読んだことがのちに判明しました。
 その次が、藤沢周平の短編集『暁のひかり』。覚えてないけど、良かったらしいです。
 次に池波正太郎のエッセイ集『男の作法』。覚えてないけど、普通っぽい。
 そのあともまた池波正太郎の『江戸切絵散歩』。古地図と池波の雑文です。
 それからまた藤沢の短編集『玄鳥』です。覚えてないけど、良かったらしいです。
 次には『墨攻』です。酒見賢一の短い奴。読んだときは割に面白かった気がします。
 なぜか夏目漱石の『坊ちゃん』が入ってます。これは僕が本を忘れてここまで来てしまったので、昼休みの間、読む本が欲しかったので、借りたのです。ちなみに、『坊ちゃん』はじめ漱石は大体持っているので、千葉に戻ればあるのですよ、これも。
 次、『歴史小説の周囲 歴史エッセイ集1』です。井上靖のエッセイ集。僕が知ってる歴史ものの奴はちょっといいけど、知りもしない奴もあるのです。
 次、『フランダースの犬』の小説翻訳版です。役者は村岡花子。『赤毛のアン』の訳者です。『フラン犬』とは別にもう一編、短編小説がありますが、よくわからなかったです。
 最後は、藤沢の短編『花のあと』です。面白い奴は面白かったけど、読み終わるともう記憶に残っていないのであります。さて、ではみなさん、さようなら。お元気で。
神白万
スポンサーサイト

まだ山ほどいます、日本の作家

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。