上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 まだ出てないのがいるので探しました。その一は、児童文学作家。
 あさのあきこ。『THE MANZAI』は6冊ほど読みました。
 いぬいとみこ。『北極のムーシカミーシカ』は読みました。映画も観ました。
 角野栄子。『魔女の宅急便』1巻は読みました。無論、映画も観ました。
 佐藤さとる。コロボックル物語の人。5冊くらい読みました。
 新美南吉。『ごん狐』は教科書で読んだ気がします。若くして死んじゃった人らしい。
 灰谷健次郎。『兎の眼』は小学生の頃、読みました。
 椋鳩十。子どもの頃、かなり読みました。文庫版『マヤの一生』だけ、今でも持ってる。
 山中恒。『あばれはっちゃく』の作者らしいけど、読んだのは他の本。名前、忘れた。
 で、児童文学作家はこの辺で終わり。次、純文学作家。リストはないので思いつき。
 芥川龍之介。なんか短編集を数冊は読んでます。
 泉鏡花。2作くらい、何か読んでます。
 井上靖。『敦煌』と『風林火山』は読みました。
 遠藤周作。高校時代、かなり読みました。「第三の新人」のうち読んだのはこの人だけ。
 大江健三郎。1、2作読みました。死ぬほどつまらん。でもノーベル賞だって。
 太宰治。なんか短い奴を書いてます。何冊かは読みました。
 夏目漱石。日本の作家では、遺作『明暗』以外は多分読んだと思います。
 加賀乙彦。『ドストエフスキイ』だけ読んだです。
 坂口安吾。『堕落論』だけ読んでます。
 島田雅彦。『彼岸先生』だけ読みました。こちらも大学時代、講演は聞いた気がします。
 高橋源一郎。競馬番組でお馴染み。一冊、読みました。大学時代、講演は聞きました。
 堀辰夫。4~5冊、短いのを読みました。高校時代に。
 三島由紀夫。3冊くらい読みました。
 宮沢賢治。あれ、どっかで書いた気が……。2、3冊は読んでます。
 村上春樹。『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』など、幾つか読んだ。
 村上龍。『限りなく透明に近いブルー』など、初期は何冊か読んでます。
 山田詠美。1、2冊は何か読んでます。
 山本有三。『路傍の石』は子供の頃、読みました。本はもうないです。
 ……と、この辺で日本の作家は終わりです。まだまだ探せば何人かいるだろうけど、もう疲れたからいいや、という気になっています。というわけで、この辺で数を出します。
 えーと、1枚目は32名でした。2枚目は36名。そしてこの3枚目は26名でした。合わせると、104名あります。これに海外作家を151人をプラスすると、255人。やっと200を超えました。これに映画監督4人を上げたので、足せば259人になります。数えて数えて、もう名前上げるのが嫌になってしまいました。ここらでやめます。
 って、結論に達したけれど、まだ字数が余ってます。仕方ないので、何かを書こう。そうだねぇ、今読んでる本の話でもしようか……と思ったら、文字数がオーバーしないと書ききれません。また今度ね。もう字数ギリギリでオーバーだし。ではさようなら。
神白万
スポンサーサイト

この辺でさようならです

日本の作家、まだ推理&SF文壇です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。